拡張版ミヤノ

140文字に収まりきらなかったパッションをくらえ

ゾーヤさんとベトベトンの話

オリトレのゾーヤさんとその手持ちのベトベトン(擬人化)の会話文だよ〜っ


「アンタ俺のこと可愛いって言うけどさあ、そんなに俺のこと本気で好きなわけ」
「ええ勿論」
「ほんとに?」
「好きですよ」
「何されても許せる?」
「いいえ?」

「は?」
「それは出来ませんが」
「好きなんじゃないの?」
「好きですとも」
「じゃあ」
「…具体的に何をするつもりか聞きましょうか」
「アンタは…痛いの嫌いそうだね」
「暴力ですか」
「好きなら許してよ」
「なりません」
「反撃してもいーよ 出来たらの話だけどさ」
「なりません」
「好きなんだろ」
「そうですよ」
「じゃあなんで『はい』って言えないわけ」
「貴方が後悔しますから」
「…なんで」
「簡単な話ですよ」
「?」
「わたくしほど貴方に相応しいトレーナーはいない」

「、は」
「分かりませんか?貴方はわたくしを失うべきではない、だから貴方はわたくしに暴力をふるうべきではないのです」
「…いや、」
「よいですか?!」
「は?!」
「貴方のこんな悪趣味な問答にこんなに真摯に付き合って差し上げることが出来!そんな悪趣味で暴力的な貴方に怯えることもなく食事の量も管理することが出来!!更にはそんな癖の強い貴方をバトルにおいて見事に使いこなし勝利へ導くことが出来!!!そして!!!」
「いや待ッ……!!、」
「そして、」
「……あ?」

「悪趣味で暴力的で加虐癖のある癖の強い貴方から、口先だけで主導権を奪えるトレーナーならば、流石の貴方も退屈しないでしょう?」
「、は…………」
「どうです?まだ殴りたいですか?そうすればこの口はもう回らないでしょうね、なにせわたくし貴方と違って丈夫ではありませんから」

「ふっ…はは…っ無理…!」
「おや、無理とは?」
「ばっ…かじゃないの!アンタばかだよ!なんだその自信!いるよ世界のどっかにはさァ!アンタ以外にも俺を使いこなせる奴は!いる!けど!…クソみたいな話だけどさあ、…アンタがいいね うん アンタがいいなぁ」

「ふふ、気に入っていただけたようで何より」
「よくもまあ…怖じないよね 人間でしょ?珍しーよ」
「そう見えましたか?ならばわたくしもなかなかどうして役者ですね」
「…はあ?!ビビってたのお?!」
「今日の貴方は元気ですねえ」
「やべ〜〜〜のに拾われたなァ………」
「もうすぐこのプロジェクトも軌道に乗りますから、そうしてひと段落したら久々にバトルツリーに行きましょうか そうしたら退屈から周りに当たることもないでしょう?」
「ねえ〜〜〜〜アンタさあ〜〜〜〜どこまで見抜いてんの……??」
「寝るときは右を下にして横を向く派」
「………ねえ?!?!?!?!?!?!」
「敵に回したくないでしょう?」
「…アッ俺もわかった ねえ怒ってるんでしょ…ぜってーそうだ…」
「ごめんなさいしますか?」
「…癪だからしない………」
「おや、これは一筋縄でいかない!」
「好きなんでしょ?じゃあ許してよ」
「…ふふ!ええ、ええ、このくらいは許しましょうとも 良しとしましょう!いいですね、ほら、貴方もこういったコミュニケーションの方が退屈でないでしょう?」
「……癪だから言わない!」


おわり。