読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拡張版ミヤノ

140文字に収まりきらなかったパッションをくらえ

鯖化ぐだまとめ

うちのぐだがもしサーヴァントだったら?っていう妄想の産物だよ〜っ

クラス:ルーラー/真名:藤丸立香
属性:秩序・善 所有カードはQ2 A2 B1
筋力D 耐久D 敏捷D 魔力C 幸運EX 宝具A

保有スキル
真名看破[EX]:ルーラーの特権である真名看破。数多くの英霊と共に旅をしたイレギュラーな経験からランクは破格のEX。真名は勿論、宝具の威力や補足レンジ、チャージに掛かる時間までをも熟知した元マスターの為せる技。効果は「敵サーヴァント単体の宝具威力を大ダウン」
神明裁決[A]:これもまたルーラーの特権である上、彼は元カルデアのマスターであるため令呪の使い方には長けているため納得のランクA。スキルに使用する令呪は手袋で見えないが、右手の甲に変わらずあるらしい。効果は「敵サーヴァント単体に1Tスタン付与」
暁達の采配[A]:あらゆるクラスの英霊を率いて戦った元マスターならではのスキル。どの英霊がどういった状況で真価を発揮するのかを知り、その機を見極めて逃さない、采配者としての彼の手腕がスキルに昇華されたもの。効果は「味方単体のスター集中率を特大アップ&強化クエストをクリアで“クリティカル威力をアップ”追加」(オリジナルです!ゆるして!)

☆宝具:補助A 対人宝具
『待て、しかして希望せよ《アトンドリ・エスペリエ》』:一心同体の共犯者、互いに互いの道を示す者同士。それは彼の大事な相棒がいつかの恩師から賜った言葉。そして彼も同様に相棒から受け継いだ、掛け替えのない希望の言葉。どんな絶望にその身を置くことになろうとも、決して諦めなかった彼だからこそ受け継ぐことの出来た宝具。効果は「味方単体のHPを完全回復&攻撃力アップ&防御力アップ」


開始1「なるべくサクーっといきたいよねえ」
開始2「よっ、とと、こっち側は慣れないんだよなあ」
スキル1「うん、任せて」
スキル2「いいねえ」
コマンド1「はあい」
コマンド2「オッケー」
コマンド3「それでいこう」
宝具カード「一条の希望をここに!」
アタック1「てーい!」
アタック2「よっと」
アタック3「えいっ」
EX「まだまだいくよお」
宝具「我等が往くは恩讐の彼方ー『待て、しかして希望せよ《アトンドリ・エスペリエ》』!」
ダメージ1「くっ、ぅー〜〜ッ!」
ダメージ2「あうっ」
戦闘不能1「そんな…っやだぁ…!」
戦闘不能2「俺が…負けたら…誰が…っ!」
勝利1「うんうん、なんとかなったねえ」
勝利2「頑張った俺へのご褒美は〜、ケーキがいいなあ、マスターっ」

レベルアップ「ちょっとは強くなったかな」
再臨1「ワ!へえ〜っ、こんな感じなんだねえ…なるほどぉ〜」
再臨2「かなりいい感じだよお、ありがとね、マスター」
再臨3「へへ、もしかしたら…追いつけちゃったりするのかな、なんてね」
再臨4「ねえマスター。君がついていてくれるなら、今の俺は…きっと世界だって救えるよ、そんな気がするんだ…なんてね!」

絆1「君が俺のマスター?これからよろしくね」
絆2「他のサーヴァントとは、仲良くできそうかって?それは勿論!戦うことなんかより、よっぽどそっちの方が得意だよぉ」
絆3「君もどうか、そうだなあ…例えば、相手が反英霊だろうと、悪人だろうと、尊重の気持ちをゼロにはしないであげてほしいな」
絆4「うんうん、君に大事にされて嬉しくないサーヴァントなんていないと思うからね。なんてったって、俺もそのうちの1人だし!」
絆5「ふふ!どうしたの?大事にしてもらったんだもの、俺もお返ししなきゃでしょ?ね、マスターはぎゅ〜ってされるの、好き?」

会話1「マスター、行こ?俺の準備はできてるよお」
会話2「俺は君のこと、頼りにしてるよ。君もどんどん俺を頼っちゃってねぇ」
会話3「俺にとって大事なのは、誰が主人かよりも、その主人と何を成すか…かなあ」
会話4「〜♪(鼻歌『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』)(アマデウス所持時)」
会話5「…うん?これは、煙草の…匂い…?ねえ、ねえ、もしかして、アヴェンジャーがいたりしない?(巌窟王所持時)」

好きなこと「好きなこと?うんとねえ、こうやって人とお話しするのは大好き!」
嫌いなこと「嫌いなことかあ〜…あっ、そうそう、俺、意外と負けず嫌いだよ、へへ」
聖杯について「聖杯かあ〜…そうだなあ…。俺なら、この素敵な縁が続きますようにってお願いしたいなあ」
イベント開催中「ムム!この気配は…いいものが貰える気配っ!」
誕生日「ハッピーバースデ〜〜ッ!!ケーキ食べる?遊んでからにする?今日の俺はマスター構い倒しちゃうぞモードだよお〜っ」
召喚「サーヴァント・ルーラー、藤丸立香。君の助けになれるといいな」


とりあえずおわり。